OBOG図鑑デジタルマーケティング地方創生愛媛大学

「地方に貢献したい。あえて選んだ東京就職」ソウルドアウト内定/愛媛大学A.A.さん

大学では地方創生のため、観光学部に入学。就職も地元の愛媛で、とずっと考えていたA.A.さん。
しかし、だれよりも「地方に貢献したい」という思いを持っているからこそ、東京での就職を決めたんだそう。
なぜ東京を選んだのか。そして、将来的に地元に戻るまでのキャリアに関する目標も伺いました。

(プロフィール)
大学:愛媛大学法文学部
出身地:愛媛県今治市
将来の夢:地元愛媛、四国の企業と共に地域から日本、地域から世界へと挑める企業を作っていきたい。
内定先:ソウルドアウト株式会社



地元就職からの転換。地元で自分の無力さを痛感

志賀:A.A.さんは大学で観光の勉強をしていらっしゃったんですよね。

A.A.:
はい、僕が高校3年生のときに、地元の愛媛県今治市で観光ブームがあったんです。もとから将来は地元のために何か貢献したいと思っていたので、観光を勉強すれば地元のために働けると思い、観光学部に入りました。


志賀:確かに、地域の活性化につながりそうですよね。

A.A.:でも全く見当違いでした。実際に地域の人と触れ合う中で、地域活性化は、そんなに簡単にできるものではないと気づいたんです。観光だけでは地域が良くならないし、大学で学ぶ勉強は所詮理論なので役に立たないと思ったりもして。

志賀:大学の勉強が役に立たない……?

A.A.:実際に商店街や地域の中小企業の方々とお話すると、「お金がないから何もできないし、ここでは地域活性化は無理だ」という意見も多くて。自分の無力感を感じました。だから次第に、自分が地元に残ることが唯一の貢献なのかなと思うようになったんです。

志賀:なるほど。人材の流出は地方にとって問題ですし。だから最初は地元で就活をされていたんですね。

A.A.:はい。ずっと愛媛の企業を中心に見ていました。でも、たまたま友人の勧めで、1月下旬に東京のイベントへ行って、そこで出会った人たちにめちゃくちゃ刺激を受けました。
それまで、就活は「やらなければいけないこと」だと思っていましたが、そこで出会った人たちはみんな自分の将来のために就活をしていたんです。
そこでいろいろな就活生や大人と話しながら気づいたことで、僕が地方に貢献するには、もっともっと挑戦できる環境で自分を磨いて、より大きな人材になる必要があるなと思ったんです。それで地方から出る必要性を感じました。

志賀:そこから東京に出たんですね。

A.A.:そうなんです。2月から地方のミカタの就活シェアハウスに住みながら東京就活を始めました。東京に来て、僕と同じように熱い思いを持った仲間に出会えたことが大きかったですね。

 

地方のために、誰かのために

志賀:ちなみに、その地方に貢献したいという熱い思いはどこから来るのでしょうか?

A.A.:原体験は、卓球部の体験です。中学から卓球を始めて、ものすごくハマりました。当時キャプテンも務めていて、練習もすごく楽しくて、当然みんなと一緒に高校でも卓球を続けると思っていたんです。
でも部活の仲間には、「卓球おもしろくないし、もう続けない」と言われて……。そのときにハッとしました。自分がやってきたことは、誰かの幸せにつながっていなかったことを痛感したんです。
だから高校ではチームを強くするために、「僕のやってきたことを誰かのために」という想いで動きました。

志賀:チームを強くするために。

A.A.:だから、OBに練習に付き合ってもらったり、新しい指導者を迎えたり、みんなのモチベーションを高められるようにしました。その結果、最終的に県のベスト4になれたんです。
こうやって誰かに貢献して、自分も幸せになれるということを経験したので、「誰かのために貢献するのは素晴らしいこと」という価値観が大きくなりました。

志賀:そこから貢献する対象として「地元」が出てきたのはなぜでしょうか?

A.A.:まずは父の影響ですね。市の職員として地元のために働いていた父に憧れていて、自分の中で漠然と、地元に貢献したいという思いが漠然とありました。そして、大学で観光を勉強して、地域の問題をすぐそばで見ていく中で、「地元のために」という思いが強くなったんです。
そこに「誰かのために」という気持ちがが加わりました。やっぱり、ひとりで行動するより、周りの人を頼って、巻き込みながら物事を進めていくと、いつも不思議とうまくいくので。今までお世話になった地元の人や、家族、友人、先輩、先生たちに恩返しがしたいですね。

 

デジタルマーケティングとの出会い

志賀:東京での就活はどのように進められたのでしょうか?

A.A.:僕は「地域創生」という軸で、将来的に地元に戻って地方創生を行うために一番有効な手段を考えながら就活をしていました。業界は、人材、建築、不動産、通信と、幅広く見ていましたね。
その中で、今の内定先のソウルドアウトという、デジタルマーケティングの会社に出会ったんです。

志賀:デジタルマーケティングですか?

A.A.:はい、僕もそのとき初めてデジタルマーケティングの存在を知りました。(笑)
簡単に言うと、インターネットを利用した“商品が売れる仕組みを作る活動”のことなんです。いろいろな業界を見てきて、「これだ!!」と、やっと自分の将来やりたいことのイメージがついたんです。そこから業界をデジタルマーケティングに絞って見ていきました。

志賀:具体的にはどんなイメージが浮かんだのでしょうか?

A.A.:愛媛には海外発信ができるくらいブランディングに成功した今治タオルという特産品があります。でも、今治タオル以外にも地域にはまだまだいいものがあるのに、なかなか知られていません。それを、デジタルマーケティングの手法や能力を身につければ、ちゃんと認知してもらえて、販売にもつなげられるなと思ったんです。

志賀:デジタルマーケティングの仕組みを使って、地方の問題を解決をしようということですね!

A.A.:はい!地域の企業の人たちと一緒に、地域の商品をもっと世界中に広めて、地域の企業ブランドを高めたい。デジタルマーケティングを体得したら、そうやって地域活性化ができるようになるのではと思えたんです。

 

ソウルドアウトの内定者仲間と、東京の浅草観光!
東京での就活中から仲が良かった人もいるんだとか。ステキですね!


東京で経験し、地元に帰って還元する


志賀:では、デジタルマーケティング業界に絞ってから、今の内定先の会社を選んだ理由を教えてください。

A.A.:決め手は2つあるんですけど、ひとつは得られる能力です。いろいろなデジタルマーケティングの会社を見ていて、最初は大手が魅力的に感じました。安定していますし、クライアントが大企業になるので規模が大きい取引もできますし。

志賀:内定先のソウルドアウトは、地方の中小・ベンチャー企業の成長支援を行う会社ですよね。大手とは真逆な気が……

A.A.:そうです。クライアントが中小・ベンチャー企業なので、大手で100億とか10億っていう大きな金額を動かしてデジタルマーケティングするのとは対照的です。でも、将来的に地方の課題解決を行うなら、本当に役に立つ経験は規模の小さい取引だと思ったんです。

志賀:なるほど確かに。

A.A.:実際、少額で商品をマーケティングするほうが難しいみたいです。だから、限られた資金の中でベストを尽くす能力というのは、今の内定先でしか得られないなと。そこが決め手になりましたね。

志賀:では、得られる能力と、もうひとつの決め手は?

A.A.:もうひとつは、将来地元で活躍できるビジョンが持てたからです。
僕は面接で正直に、「愛媛のために何かしたい」と話していました。でもそれは、“将来は東京の会社を辞めて地元に帰る”という意味を持った、面接ではマイナスにしかならない言葉だと思っていたんです。実際に他社の面接でも、僕がそう言うと、人事が「その考え方すごくいいと思う!こういう人がいたんだど、弊社で成果を出して転職して……」という感じで。
でも、ソウルドアウトでは、「すごくいいね!」って仰っていただいた上で、今実際に地方の支店で働いている人たちの話や、地方で働くことの難しさを話していただいたんです。その基準で働いている人ってすごくかっこいい、この人たちと一緒にいたい、そう思いました。

志賀:内定先のソウルドアウトは、地方に支店もたくさんあるんですね。だから転職ありきではないと。

A.A.:はい。だからゆくゆくは愛媛に営業所を作ってそこで働きたいです。でも、地方営業所は能力がないと運営できないので、まずは本社で経験して、認めてもらえるくらいスキルを磨いていきたいです。
具体的に言うと、1年目は新人で1番の営業をとることが目標です。そして、3年目で部門の全体で1番、5年目では全都道府県に地方営業所を作りたいと思っています。5年目には自分が地方営業所に行ってみたいです!愛媛で営業所を作ったあとは、四国全部に営業所を作って、それを束ねるリーダー的な部署に配属されたいです。これは、10年、15年後が目標です。


志賀:目標と、数字までしっかりとあって素晴らしいですね……!

 

台湾にて、現地の学生達との交流会の写真。
Aさんのエネルギッシュさが伝わる1枚。

 

志賀:最後に、就活性に向けてメッセージをお願いします。

A.A.:「就活では仲間が大事」という言葉はよく聞くと思いますが、これは当たり前です。
本当に必要なのは、ただの仲間ではなくて、自分と方向性が一緒の仲間です。たとえゴールが違ったとしても、同じ方向に向かっている人と仲間になるべきです。
僕の場合は、地域をよくするビジョンを持っている人、そして、中小企業の経営者の方々ですね。自分の方向性を作る上で仲間の存在はとても大事で、僕の場合はそういう仲間と出会えたからこそ自分の方向性に自信を持てました。
あとは、就活は妥協する必要はありません。僕は妥協しなかったのでより良い選択ができました。だからみなさんには、妥協せずに、苦しいときは周りの力を借りて頑張っていってほしいですね。

志賀:仲間、大事ですね!ありがとうございました!!



就活を通して自分のやりたいことへ近づいたA.A.さん。
まさに「就活はビジョンのためにするもの」だということがわかります。
皆さんも、諦めていたことや途中でやめていたことを勇気を出して一歩踏み出してみると道が開けるかもしれません。

<interviewer/writer> YURI SHIGA(新潟大学3年)

 

ミカタでソウルドアウト株式会社を見にいこう!!

\1週間滞在費無料!/
【地方創生就活シェアハウスsponsored by SOLDOUT】
地方創生に熱い想いを持つ全国から集まる同士と
共同生活しながら、地方の課題をデジタルマーケティングで
解決する手法を体験してみよう!