OBOG図鑑OBOG図鑑社会人インフラ・銀行・不動産

沖縄電力(株)内定【2017卒M.Mさん】

%e3%81%bf%e3%82%84%ef%bc%92
名前(イニシャル):M.M.
内定先:沖縄電力株式会社
大学:琉球大学 観光産業科学部
出身地:沖縄
将来の夢:沖縄に貢献すること
学生時代の主な活動:留学、遊び、勉強
就活を始めたときの志望業界:観光、スポーツ(志望業界を絞るというよりは、1社1社を見ていきました)
座右の銘:結果が出ない努力は全て自己満足
おすすめの本:嫌われる勇気

m3
m1
 

【地方就活生OBOGインタビュー】

Q. いつからどのように就活をはじめましたか?

3年生の秋にあったボストンキャリアフォーラムから始めました。
ボスキャリのお陰で、就活の流れをつかむことが出来ました。

Q. 地方と東京で感じたギャップはありますか?

あります。3月1日にあった大きな合説に参加したのですが、
そこには現地の有名大学の学生はほとんどいませんでした。
その時、有名大学では就活解禁前から企業が大学で説明会を開き、
地方学生は遅れていると気づきました。

Q. 就活での一番の苦労はなんですか?
またそれをどのように打破しましたか?

慣れない東京の地で就活をしていたことです。
しかし、就活シェアハウスのお陰で、その不安も軽減することが出来ました。

Q.就活で記憶に残っている思い出があれば教えてください

ボスキャリで半導体の企業にも関わらず、
前に面接を受けた自動車部品の話をしてしまったことです。
面接官がうちは自動車部品は扱っていませんが、
と言って初めて気が付きました、、、

Q. 内定先に決めた一番の理由はなんですか?

沖縄に貢献したいという思いからです。
東京で第一志望の企業から内々定も頂いていたのですが、
地元に貢献したいと思い決定しました。

Q. これからどんな社会人になりたいですか?

常に謙虚で挑戦を忘れない社会人になりたいです

Q. 最後に、地方就活生にメッセージをお願いします。

正直、就活のスタートは都心の学生を比べて遅れるかもしれません。
しかし、それは十分に追いつき追い越せる範囲ですので
自分のペースで就職活動を進めて欲しいです。

OBOG訪問ご希望の方はこちらから