コラム

【インターン生コラムVol.1】「ただいま」と「おかえり」でつながるインターン仲間を募集中!

地方のミカタでは、東京で就活をするインターン生を募集しています!

でも、そもそも地方のミカタのインターン生ってどんな人がいるの……?

ということで現3年生のインターン生の声を少しずつご紹介していきます!

 

今回お話を聞いたインターン生

・志賀ちゃん
就活カフェでは「しがちゃん」の愛称でお馴染みの新潟大学3年生。実は、地方のミカタOBOG図鑑の記事や就活カフェの掲示物を作ってくれている、縁の下の力持ち!
・ミーアちゃん
就活カフェで声の大きい女性スタッフがいたらおそらく彼女。シェアハウスまでの帰り道では地元のお母さんに電話をするなど、家族との交流も大切にしているそう。

 

Q1.どうして地方のミカタのインターン生になったの?

ミーア:志賀ちゃんがインターン始める前に、私に「別のとこと決めかねてる」って長文のラインくれたよね。

志賀:そう。もともと国際協力に興味もあったから、外国人の留学生に仕事を紹介する人材のインターンに興味を持ってて。でも地方のミカタは夏から就活合宿とかのイベントにも参加してて、雰囲気とかもわかってたんだよね。同じ新潟大学出身の伊藤さんともそのとき話させてもらって、すごく良い人だし、どんな人がいるかがわかってるからリスクがないなと思って。

ミーア:伊藤さんとかフィードバックもしてくれるもんね!

志賀:そうそう、そこが決め手になった。あとは社会人メンバーもいろんな働き方の人がいるって聞いてて、フリーランスの人でダブルワークしながらとか。そういう働き方とかいろんな仕事を知る上でも良いのかなって思えて、結果的に地方のミカタにしたっていう。

でも自分も就活生だから、インターンをしながら実際に就活のことも考えられそうっていうのが一番だったかな。ミーアちゃんは?

ミーア:東京で就活をしてるときに、東京の学生が長期インターンをしてるって聞いたところから興味を持って探してたんだよね。ちょうど就活カフェでイベントがあって、地方のミカタの佐久間さんといろいろ話すうちに、地方のミカタの理念が自分が思っていた通りで、「人を成長させることで地方創生をする」っていうところにすごく共感して!

自分も将来戻りたいって思ってるからこそ良いなって思えたのが大きい。あと、私はちょっと早くから就活してたから、同じような地方の就活生のためにも自分の力を生かせそうって思ったら地方のミカタだったな。

志賀:たしかに!

 

***


Q2.地方のミカタのどんなところに共感した?

志賀:私はフェアなところかな。人材業界って思惑があるというか……。人を商材みたいに扱うところもあるような気がしてるんだけど、地方のミカタは自分たちなりの正義があって、そこが良いなって。

ミーア:私もその点かなと思うのは、学生が本当に進みたい道であったり、学生に選択肢を与えて入るけれど絶対そこに行きなさいとプッシュはしないところ?が良いなと思ったかな。志賀ちゃんが言ってるような、押し付けがましくないというか、上京してくる地方の学生の良い就活を考えてくれているなと。

志賀:わかる!

ミーア:もともとシェアハウスとか就活カフェとか、場所を提供するところがスタートの会社だからこそ、就活支援も学生視点だなって。

志賀:そういえば、あの誕生日プレゼントってミーア企画?(笑)

ミーア:いや、みんな企画!言い出してくれたのは伊藤さんだけど。

志賀:伊藤さんなの!?

ミーア:そう。伊藤さんが朝一で「今日志賀ちゃんの誕生日だ」って気づいて、それで志賀ちゃんに気づかれないように準備したの。


志賀:「しが」って書いてあったけど、あの矢印たどってるあいだも、なんのことか全然わかんなかった!(笑)

ミーア:でもちゃんと従ってくれたよね。おもしろかった。地方のミカタのそういう空気感もいいよね!

 

***


Q3.地方学生同士での思い出話を聞かせて!

ミーア:地方のミカタでできた友達は、東京で就活頑張りたいとか、成長意欲というか、そういう共通点を持った人たちが集まってるよね。だから共感できることがあって、つらいこととかで相談し合えるのが一番良いなと思う。

志賀:そうだね。シェアハウスでは一人きりになれないこともあって大変なときもあるけど、リビングでみんなと話してると意外と楽しいなって。喋るのも大事だなって思ったりするから。

ミーア:最近はシェアハウスにも就活カフェにも同い年の同じ境遇の子が一気に増えてきて、同じような子たちと話せるのはすごく心の拠り所だし、近い人と喋れるとちょっと楽になるなって思えるんだよね。

志賀:喋るの苦手な人とか外交的じゃない人でも、自然と共通点があって喋れるから良いよね。あと、ここで会う人たちって、新潟にいる人よりも話があうというか。

ミーア:ね!今まで地方にいるとマイノリティーで、「意識高い系?」みたいにすぐ言われて。

志賀:そうそう。だから価値観とかすごい合ってる感じする!

ミーア:嬉しいよね。しかも、私地方のミカタを知らないときはドミトリーの安いところに泊まってたけど、今は「ただいま」「おかえり」って言えたりとか、シェアハウスメンバーでご飯食べに行ったりとか、そういうコミュニティが東京にあることがすごく良いなって思える!

就活してても、「あ〜、今日なに食べようかな」って思ったときに、家に帰ったら誰かがいて一緒に食べようってなるのと、コンビニで買ってよくわかんない場所で食べようってなるのだと、全然違うなって。

志賀:ご飯って重要だよね!

ミーア:ご飯のときに誰かがいるって大事!たまに一人になりたいときは、部屋にいればいいからね。

志賀:私ずっと就活カフェにいて受付とかもしてるから、カフェに来る人みんなと一回は会ったことあるんだよね。だから、この前行った就活イベントで「あれ、この人知ってるわ」ってなった。(笑)

ミーア:それやばいね。(笑) でもそういう繋がりができるのも良いところだよね!


 

***


Q4.これから応募してくれるインターン生に一言

ミーア:インターン生だけど一番大事なのは就活なんだよね。だから気負わずに、バランス取って一緒にやっていきましょうって言いたいです!

あとは、私とか志賀ちゃんとか古株?みたいなメンバーとこれから入ってきてくれる人との距離感をつけたくないから、あまり悩まずに参加してほしいな。そういうのはナシで、みんな同じ学生なんだってところで頑張りたいです!

志賀:そうだよね。個性強めな人が多いから「自分がいる意味あるのかな?」って思っちゃうかもしれないけど、絶対来てくれる意味あるし、その人にしか出せない良さがあると思うから。一緒に相談しながら頑張りたいね!

 

***

 

地方就活生をつなぐ「インターン」の応募は、地方のミカタラインへメッセージを!




 

***

 

次回は、鹿児島大学のおしゃべり好き「こんちゃん」と、弘前大学のカメラ男子「はやたく」の声をお届けします。ふたりとも就活カフェにいることが多いので、会ったことがある人も多いかも……!?

お楽しみに!

そして新しいインターン生のご応募をお待ちしています!

この記事のWriter
渡辺静(就活生からの愛称:ねえさん): 1993年生まれ 小樽商科大学を2016年に卒業し、不動産ベンチャーで社会人生活をスタート。社会人3年目になる2018年4月からフリーランスに。同じタイミングで地方のミカタにジョイン。 現在はWORDSの一員としてビジネス書籍の制作に関わるほか、SHIBUYA GAMEというeスポーツメディアで編集者、取材ライターとしても活動中。 生粋の道産子で、就活中には地方のミカタのシェアハウスを使っていたミカタOGでもあります。 Twitter:@ssizuu1