フリーライス!?就活カフェの新しい形

 ■フリーライスとは

地方のミカタ就活カフェでは、お米を1杯無料で提供している。
それをフリーライスと勝手に命名して呼んでいる。
食費をどう安く済ませるかに頭を抱える地方就活生にとって、
白米を無料で食べられるのはありがたい。
本コラムでは、そのフリーライスについて説明していく。  
1

 
<目次>
1.お米情報
2.なぜカフェでお米を提供するのか?
3.フリーライスの活用方法
4.最後に

1.お米情報

提供しているお米は、秋田県産の【あきたこまち】の一等米。
秋田県横手市山内(さんない)の茂じいこと伊藤茂光さんによって作られている。
化学肥料・農薬の使用回数量が50%以下で安全安心なお米だそうだ。 

このあきたこまちは(株)こめたびを通して、
秋田の農家さんたちが手塩にかけて育てたお米を直送していただいている。

(株)こめたびのホームページはこちら

*提供するお米は時期により変更する可能性があります。


 2.なぜカフェでお米の提供を提供するのか?

就活中、説明会等の合間時間のようなちょっとした空き時間の滞在場所を探すのにも苦労する。
多くの就活生はカフェで休憩するかご飯を食べにお店に入ることが多いようだが、それが毎日
続けばお金はどんどん減っていってしまう…そこで「地方のミカタ」は、
休憩場所としても使える就活カフェでお米を提供することに決めた。
お米の重要性は以前からシェアハウスを運営する中で感じていたことでもあった。

3.フリーライスの活用方法

お米は常に炊かれているので、いつでも食べることができる。
お皿やお箸も用意されている。
おかずは用意されていないが、ふりかけや鮭フレークは日によっては無料で提供している。


<食べ方>
1.そのまま食べても十分美味しい。
2.ふりかけや鮭フレークが提供されている時は活用する。
3.隣のサンクス(就活カフェから徒歩10秒)でおかずを買う。
肉じゃが、ハンバーグ、レトルトカレーなどを買っている方が多い。
4.ラップに包んでおにぎりにして、小腹が空いた時用に持ち歩くのもいいかもしれない。


 4.最後に

東京で就職活動をするためにはやはりお金がかかる。
そこで日々削られるのは食費だ。
そんなお腹を空かせた就活生は、新宿にある地方のミカタ就活カフェへ。
朝6時〜夜23時まで1杯無料、2杯目からは20円でお米を食べることができる。
しっかり腹ごしらえをしてから戦に臨もう。